第204回 元禄の世を滅ぼした巨大地震(2)

伊藤和明の「防災えんす」

第204回 元禄の世を滅ぼした巨大地震(2)

前回は、江戸時代の元禄16年(1703年)に発生した元禄地震について、地震による江戸の被害や、小田原など東海道筋の被害について取り上げましたが、今回は、大津波被害や、地盤の大規模な変動についてお話しします。

第203回 元禄の世を滅ぼした巨大地震(1)

伊藤和明の「防災えんす」

第203回 元禄の世を滅ぼした巨大地震(1)

今から300年あまり前の1703年、南関東に大規模な災害をもたらした巨大地震が発生しました。江戸時代中期にあたる元禄時代の末期のことで、「元禄地震」と呼ばれています。
地震動そのものによる被害もさることながら、大津波が房総半島や相模湾の沿岸に来襲して大災害となったのです。
この元禄の大地震について、今回と次回の2回にわたって取り上げます。

第202回 日本の活火山111に

伊藤和明の「防災えんす」

第202回 日本の活火山111に

去る5月20日に開かれた火山噴火予知連絡会で、栃木県日光市の男体山が、新たに活火山として認定されました。これによって、日本の活火山の数は、111となりました。111の中には、海底火山も含まれています。
今回はこの話題についてお話しします。

第201回 日本書紀に見る古代の地震(2)

伊藤和明の「防災えんす」

第201回 日本書紀に見る古代の地震(2)

『日本書紀』に見る古代の地震、前回は、日本最古の地震記録や、天武天皇の時代に起きた筑紫の国の地震などについて取り上げましたが、今回は海溝型巨大地震の記録についてお話しします。

第200回 日本書紀に見る古代の地震(1)

伊藤和明の「防災えんす」

第200回 日本書紀に見る古代の地震(1)

日本最古の歴史書である『日本書紀』には、古代に発生した地震にかかわる記述がいくつも見られます。それらの記述から、私たちは、大昔に日本列島で発生した地震災害の状況を知ることができますし、現代に通じる防災上の課題を探ることもできます。

そこで、今回と次回の2回にわたって、『日本書紀』に描かれた古代の地震像を取り上げることにします。

第199回 太平洋を渡ってきた大津波

伊藤和明の「防災えんす」

第199回 太平洋を渡ってきた大津波

日本では、全く地震を感じていないのに、突然津波に襲われることがあります。これは、日本の近海で起きた地震による津波ではなく、はるか太平洋の向こう側から来た津波なのです。
今回は、そのような津波の事例について取り上げます。

第198回八重山の明和大津波

伊藤和明の「防災えんす」

第198回八重山の明和大津波

江戸時代の中期に当たる1771年、沖縄の八重山列島、宮古列島を突然の大津波が襲い、大災害となりました。「八重山地震津波」と呼ばれていますが、たいへん謎の多い巨大津波でした。
今回は、この大津波災害についてお話しします。

第197回東日本大震災から6年(2)

伊藤和明の「防災えんす」

第197回東日本大震災から6年(2)

6年前に起きた東日本大震災の大津波によって、多くの小中学校が被災しましたが、中でも、多数の児童を失った小学校がある一方で、校長先生の適切な判断によって、ひとりの犠牲者も出さなかった小学校があります。
今回は、この対照的な2つの事例を取り上げて、将来への教訓を探ってみたいと思います。

第196回東日本大震災から6年(1)

伊藤和明の「防災えんす」

第196回東日本大震災から6年(1)

大津波によって、大災害となった東日本大震災から6年になります。この災害では、震災関連死を含めると、2万2,000人もの死者・行方不明者を出しました。
復興庁によると、今年1月現在で、およそ12万7,000人が全国に避難しているということです。
未曽有の津波災害といわれたこの東日本大震災について、大津波発生の仕組みを中心に振り返ってみます。