第198回八重山の明和大津波

伊藤和明の「防災えんす」

第198回八重山の明和大津波

江戸時代の中期に当たる1771年、沖縄の八重山列島、宮古列島を突然の大津波が襲い、大災害となりました。「八重山地震津波」と呼ばれていますが、たいへん謎の多い巨大津波でした。
今回は、この大津波災害についてお話しします。