第207回 「東海地震」、見直される“予知前提”(2)

伊藤和明の「防災えんす」

第207回 「東海地震」、見直される“予知前提”(2)

前回は、「東海地震」について、なぜ発生が懸念されてきたのか、そして、発生に備えて、「防災対策強化地域」の指定など、災害を軽減するための対策が進められるとともに、震源域をめぐって、どのような観測体制が整備されてきたかなどを取り上げました。

今回はその続きをお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です