第229回「富士山をめぐって(3)宝永の大噴火」

伊藤和明の「防災えんす」

第229回「富士山をめぐって(3)宝永の大噴火」

富士山の噴火をめぐる話、3回目の今回は、今から300年あまり前に起きた「宝永の大噴火」です。宝永4年(1707年)のことで、江戸にも火山灰が降り注ぎ、富士山の山麓は大災害に見舞われました。
今回はこの大噴火についてお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です