第240回「台湾大地震から20年」

今からちょうど20年前の1999年9月、台湾の中部で大地震が発生、2,400人余りの犠牲者を出す大災害となりました。この地震により、台中市などで多数の建物が倒壊するとともに、山間部では、各所で大規模な土砂災害が発生しました。
日本からも、たびたび取材班や調査団が派遣され、災害の実態の調査や分析を行いました。
今回はこの地震についてお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です