第241回「深発地震と異常震域」

去る7月28日の未明、3時31分ごろ、三重県の南東沖を震源として、マグニチュード6.5の地震が発生しました。
この地震による揺れは、震源に近い東海地方や近畿地方では震度1以下でしたが、東北地方や関東地方では強い揺れに見舞われ、宮城県の丸森町で震度4を観測したほか、関東各県や東京の千代田区や荒川区でも、震度3の揺れを観測しました。
なぜこのようなことが起きたのか、今回は深発地震と異常震域についてお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です