第247回「有珠山噴火から20年」

伊藤和明の「防災えんす」

第247回「有珠山噴火から20年」

今からちょうど20年前にあたる2000年3月31日、北海道の有珠山が噴火を開始しました。噴火活動はおよそ3か月間続きましたが、この間、周辺には大量の噴出物が降り積もるとともに、地盤が上下に変動するなどして、麓の町に重大な被害をもたらしました。

今回は、20年前のこの噴火を振り返るとともに、火山との共生のあり方について、考えます。

第246回「ニュージーランド・火山島の噴火災害」

伊藤和明の「防災えんす」

第246回「ニュージーランド・火山島の噴火災害」

昨年(2019年)12月9日の午後、ニュージーランドの火山島「ホワイト・アイランド」で、突然の噴火が発生し、島を訪れていた観光客47人のうち20人あまりが犠牲になりました。観光地である火山島での噴火災害を、なぜ避けることができなかったのか、今回はこの噴火災害についてお話しします。