第263回「津波火災の脅威」

伊藤和明の「防災えんす」

第263回「津波火災の脅威」

東日本大震災から丁度10年になりました。あの震災では、大津波によって、壊滅的な災害が発生する一方、内陸の各所で、津波による火災が、多数発生しました。
津波というのは、大量の水が押し寄せて来るのだから、火など出るはずはないと思われがちですが、決してそんなことはありません。
今回は、津波が招いた火災、いわば「津波火災」の脅威についてお話します。

第262回「福島・宮城で震度6強」

伊藤和明の「防災えんす」

第262回「福島・宮城で震度6強」

去る2月13日の午後11時すぎ、福島県下・宮城県下で最大震度6強を観測する地震があり、多数の家屋が損壊するともに、150人あまりが怪我をしました。
東北新幹線も、送電線を支える柱が折れるなどして、10日間ほど不通になりました。また、各地で大規模な停電が発生して、市民生活を直撃するなど、深刻な影響がでました。 
今年は、2011年3月の東日本大震災から丁度10年にあたり、その節目で起きた地震でした。
今回はこの福島・宮城での地震についてお話しします。