第267回「線状降水帯」

伊藤和明の「防災えんす」

第267回「線状降水帯」

近年、猛烈な豪雨が発生するたびに、「線状降水帯」と呼ばれる気象レーダーの画像が、テレビの画面や新聞の紙面に登場します。
この用語が広く用いられるようになったのは、2014年、広島市を中心に、大規模な土砂災害をもたらした「平成26年8月豪雨」以降だったといわれています。

今回は、毎年のように出現するこの「線状降水帯」についてお話しします。

第266回「雲仙普賢岳の火砕流災害から30年(2)」

伊藤和明の「防災えんす」

第266回「雲仙普賢岳の火砕流災害から30年(2)」

前回は、30年前にあたる1991年6月3日、雲仙普賢岳の火砕流によって、43人の犠牲者がでたことを中心に取り上げましたが、今回は、それ以後の普賢岳の活動と、災害からの復興などについて、お話します。