お問い合わせ



防災情報プラス バックナンバー
2020年11月~12月分

防災情報プラス バックナンバー 2020年11月~12月分 防災情報プラス バックナンバー 2020年11月~12月分

BOSAI PLUS の防災情報プラス

会報と連動して、直近の防災をめぐる“耳寄り情報”をダイジェスト版でお届け。
(情報提供:Bosai Plus 防災プラス)

2020年11月~12月分

【官庁情報】

◆内閣官房:感染リスクが高まる「5つの場面

(2020.10.29.)
これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面が明らかになってきた。一方で、屋外で歩いたり、十分に換気がされている公共交通機関での感染は限定的と考えられる。新型コロナウイルス……

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):「ため池」の防災対策強化で国の財政支援拡充

(NHKニュース:2020.11.13.)
各地にある「ため池」の防災対策を強化するため、武田総務大臣ら関係閣僚は国の財政支援を拡充する方針を確認した。武田総務大臣、野上農林水産大臣、小此木防災担当大臣は「ため池」の防災対策を検討……

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):政府、浸水想定を中小河川に拡大 氾濫多発で危険周知

(共同通信:2020.11.03.)
政府は2日、法律に基づく洪水時の浸水想定区域の設定対象を大きな川だけでなく、中小河川に拡大する方針を固めた。近年、氾濫は中小の川でも多発しており、住民に危険を周知する。来年の通常国会へ……

【官庁情報】

◆首相官邸:朝日新聞:Go To 一時停止、首相表明 感染拡大地域への旅行予約対象 食事券発行停止も 知事に検討要請

(朝日新聞:2020.11.22.)
菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染症が広がっている地域で、消費喚起策「Go To キャンペーン」の運用を一部見直すと発表した。観光支援策のトラベルでは、そうした地域を目的地とする旅行の……

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):災害弱者の避難「個別計画」、努力義務化し策定促す 国、市区町村に

(朝日新聞:2020.11.30.)
災害に備え、高齢者や障害者らの避難方法などを事前に決めておく「個別計画」について、国は、策定を市区町村の努力義務として災害対策基本法に定める方針を固めた。全国で策定が進んでおらず、法的に……

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):中央防災会議会長(内閣総理大臣)による「降積雪期における防災態勢の強化等について」の通知

(2020.11.20.)
降積雪期を迎えるに当たり、中央防災会議会長(内閣総理大臣)より指定行政機関の長、指定公共機関の代表者及び関係都道府県防災会議会長宛てに「降積雪期における防災態勢の強化等について」を通知……

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):「災害弱者」支援へ法改正 避難計画、市区町村の努力義務に

政府は14日、自力避難が困難な高齢者や障害者ら「災害弱者」の逃げ遅れが後を絶たないことを受け、来年の通常国会で災害対策基本法を改正する方針を固めた。一人一人の避難方法を事前に決めておく……

【官庁情報】

◆内閣府(原子力防災担当):新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた感染症の流行下での原子力災害時における防護措置の実施ガイドライン

(2020.11.02.)
各道府県における原子力防災訓練の実施等に際し、さらに具体的な運用方法の明確化へのニーズを関係道府県から受けたことを踏まえ、標記のガイドラインを策定した。ガイドラインの策定に当たっては……

【官庁情報】

◆内閣府男女共同参画局:女性登用の数値目標、達成は半分以下

(朝日新聞:2020.11.21.)
内閣府は20日、男女共同参画政策で2015年に掲げた数値目標の達成状況を発表した。「政策・方針決定過程への女性の参画」のうち、20年現在で実績が出ている32項目はすべて、女性の割合が前回調査……

【官庁情報】

◆衆議院:地球温暖化、「もはや気候危機」 非常事態宣言を決議

(時事通信:2020.11.19.)
19日の本会議で、世界各地で相次ぐ自然災害の要因となっている地球温暖化について、「もはや気候危機の状況だ」と訴えた「気候非常事態宣言決議」を自民、立憲、公明、共産各党などの賛成多数で可決……

【官庁情報】

◆衆議院:予防接種法改正案など可決 コロナワクチン無料に

(時事通信:2020.11.19.)
新型コロナウイルスのワクチン接種無料化を柱とする予防接種法改正案などが19日の衆院本会議で、全会一致で可決された。参院審議を経て今臨時国会で成立する見通し。法案では、製薬企業からワクチン……

【官庁情報】

◆国土交通省:「都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令」及び「都市再生特別措置法施行令及び都市計画法施行令の一部を改正する政令」を閣議決定 ~頻発・激甚化する自然災害に対応した「安全なまちづくり」を推進~

(2020.11.24.)
防災の観点から開発規制の見直しを行う政令を閣議決定。2022年4月から、市街化調整区域内の災害リスクの高い区域で、住宅等の開発許可を厳格化、災害レッドゾーンで市町村の勧告に従わない開発事業者……

【官庁情報】

◆気象庁:2020年11月22日19時06分頃の茨城県沖の地震について-「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第86報)

(2020.11.22.)
発生時刻:11月22日19時05分、M5.7(暫定値)、場所・深さ:茨城県沖 深さ 45km(暫定値)、発震機構:西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型(速報)、震度:茨城県の東海村で最大震度5弱……

【官庁情報】

◆経済産業省:核ごみ処分場、初の文献調査 経産相、北海道2町村で認可 交付金、最大20億円

(朝日新聞:2020.11.18.)
原発から出る「核のごみ」(高レベル放射性廃棄物)の最終処分場をめぐり、経済産業相は17日、国の選定プロセスの第1段階である「文献調査」を、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で……

【官庁情報】

◆首相官邸:自衛隊看護師、旭川と大阪へ 派遣向け調整 医療逼迫

(朝日新聞:2020.12.08.)
政府は、新型コロナウイルス感染症の患者急増により医療従事者の人手不足が深刻化している北海道旭川市と大阪府に、自衛隊所属の看護師を派遣する方向で調整に入った。自治体側から正式な要請があれば……

【官庁情報】

◆内閣官房:国土強靱化推進本部(第12回会合)

(2020.12.11.)
国土強靱化推進本部(第12回)を開催し、「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」の案を作成した。閣議において「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が決定された……

【官庁情報】

◆内閣官房:国土強靱化、15兆円指示 首相

(朝日新聞:2020.12.02.)
菅義偉首相は1日、2020年度末で期限を迎える国土強靱化緊急対策について、25年度末まで延長し、今後5年間の事業規模を15兆円程度とすることを閣僚に指示した。18年の西日本豪雨や台風21号の……

【官庁情報】

◆国土交通省:『災害に強い首都「東京」形成ビジョン』をとりまとめ ~『災害に強い首都「東京」形成に向けた連絡会議(第4回)』

(2020.12.11.)
首都「東京」において防災まちづくりを強力に推進していくため、国と東京都の実務者による『災害に強い首都「東京」の形成に向けた連絡会議(第4回)』を12月15日に開催。形成ビジョン(案)』等に……

【官庁情報】

◆国土交通省:高齢者福祉施設の避難の実効性を高める対応策について議論 ~「令和2年7月豪雨災害を踏まえた高齢者福祉施設の避難確保に関する検討会(第2回)」の開催 ~<同時発表:厚生労働省>

(2020.12.11.)
第1回検討会では、「避難計画の内容の適切性」や「施設の体制や設備」などの課題が明らかになった。こうした課題を踏まえ、避難の実効性を高める方策について議論する第2回検討会を12月18日に開催……

【官庁情報】

◆国土交通省:中長期の自然災害リスクに関する分析結果を公表 ~都道府県別の災害リスクエリア内人口の推移を分析~

(2020.12.03.)
「総力戦で挑む防災・ 減災プロジェクト~いのちとくらしをまもる防災減災~」の取組の一環として、中長期的な視点で災害リスクに対する適切な土地利用を検討するため、都道府県別の災害リスクエリア……

【官庁情報】

◆気象庁:2020年12月12日16時19分頃の岩手県沖の地震 -「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第87報)-

(2020.12.12.)
発生時刻:12月12日16時18分、M:5.6(暫定値)、場所・深さ:岩手県沖 深さ48km(暫定値)、発震機構:東西方向に圧力軸を持つ逆断層型(速報)、震度:青森県階上町で最大震度5弱を観測……

【官庁情報】

◆気象庁:霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルを 1へ引下げ

(2020.12.11.)
霧島山(新燃岳)では、2019年11月頃から、火口直下を震源とする火山性地震が増加し、その後も増減を繰り返していた。2020年10月中旬以降は地震活動が低下傾向となり、噴煙や地殻変動の観測データ……

【官庁情報】

◆気象庁:新庁舎開庁式典を開催(12月17日)

(2020.10.10.)(2020.12.10.)
気象庁は2020年11月から12月にかけて港区虎ノ門の新庁舎へ移転した。これを記念し、新庁舎の開庁式典を12月17日に開催。また、市町村の防災業務を支援する「気象防災アドバイザー」の委嘱を行う……

【官庁情報】

◆首相官邸:朝日新聞:GoTo、全国で停止 トラベル、28日~1月11日 東京・名古屋着、先に停止 首相表明

(2020.12.15.)
菅義偉首相は14日、観光支援策「Go To トラベル」をめぐり、28日から来年1月11日にかけて全国一斉に停止する、と表明した。東京都や名古屋市での停止や自粛要請を検討していたが、年末年始を集中的……

【官庁情報】

◆復興庁:【国際教育研究拠点】世界に貢献するために

(福島民友:2020.12.16.)
政府は福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の中核となる国際教育研究拠点の整備方針を間もなく発表する。国内ばかりでなく世界に共通する課題解決に向けた最先端の技術開発を……

【官庁情報】

◆国土交通省:みなさん、液状化にはご注意ください!

(2020.12.16.)
東日本大震災では9都県で約27,000件の液状化による宅地被害が発生、熊本地震、北海道胆振東部地震といった大規模地震でも同様の被害が発生。これら地震の被害を踏まえて宅地液状化対策工法の開発など……

【官庁情報】

◆気象庁:令和2年12月18日18時09分頃の伊豆大島近海の地震

(2020.12.18.)
発生時刻:18日18時09分、M5.0(暫定値)、場所・深さ:伊豆大島近海 深さ11km(暫定値)、発震機構:北北西-南南東方向に圧力軸を持つ横ずれ断層型(速報)、最大震度5弱 東京都利島村、津波なし……

【官庁情報】

◆気象庁:気象庁HP 広告再開へ

(朝日新聞:2020.12.18.)
気象庁のホームページ(HP)に不適切な内容のウェブ広告が掲載された問題で、同庁は16日、一時停止していた掲載を来月上旬にも再開すると発表した。閲覧者の検索履歴と連動して自動的に表示される……

【官庁情報】

◆経済産業省:朝日新聞:洋上風力、3000万~4500万kW 2040年目標値、原発30~45基分 官民合意

(2020.12.15.)
再生可能エネルギーの切り札として期待される洋上風力発電について、日本は2040年までに3千万~4500万キロワットの導入をめざす。発電能力で原発30~45基分に相当する。政府と民間企業でつくる……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆北海道釧路市:津波防災の日 園児が避難訓練

(NHKニュース:2020.11.05.)
「津波防災の日」の5日、釧路市のこども園では園児たちが津波を想定した避難訓練を行った。釧路市沿岸部の大楽毛地区のこども園で行われた訓練には、園児およそ90人が参加。訓練は大津波警報が発令……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岩手県:東北大災害研、岩手の津波伝承館と連携協定 東日本大震災10年へ

(日本経済新聞:2020.11.09.)
東北大学災害科学国際研究所と、岩手県が陸前高田市に整備した東日本大震災津波伝承館は9日、大震災の津波の伝承や調査研究などに関する連携協定を締結した。2021年3月に大震災の発生から10年を……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆仙台市:指定避難所に給水栓 震災の教訓踏まえ準備

(河北新報:2020.11.12.)
東日本大震災で仙台市内が広域的に断水した教訓を踏まえ、市水道局が指定避難所の市立小中高校に「災害時給水栓」の配備を進めている。給水栓は地震に強い水道管と結ばれており、管が破損して断水する……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県名取市:津波想定した震災後初の総合防災訓練

(河北新報:2020.11.08.)
宮城県名取市は7日、東日本大震災からの復興まちづくりが進む閖上地区で、津波を想定した総合防災訓練を行った。消防団や地元町内会などから延べ約500人が参加し、避難誘導や避難所運営の手順を確認……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆新潟市:災害時 地域に即した自助・共助を 新潟市、「防災計画」づくり支援

(新潟日報:2020.11.07.)
新潟市は、地域の特性に応じて住民が取り組む防災活動をまとめる「地区防災計画」づくりの支援を始めた。2020年度は、北区松浜と中央区堀之内南の2地区をモデル地区に選定。講習会やワークショップ……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆栃木県宇都宮市:防災マニュアルを改訂 優先開設避難所など掲載

(下野新聞:2020.11.10.)
宇都宮市はこのほど、防災冊子「わが家の防災マニュアル」をリニューアルした。防災の基本知識の解説に加え、避難所や洪水・土砂災害ハザードマップの内容などを示す「避難所マップ」に、風水害時に……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆千葉市:2019年の災害記録誌を作成 教訓引き継ぐ

(日本経済新聞:2020.11.05.)
千葉市は2019年の台風15.19号、10月25日の記録的大雨と立て続けに発生した災害の当時の状況をまとめた「令和元年災害記録誌」をまとめた。3回にわたる災害では死者が出たほか、多くの浸水被害……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆長野県:オンラインで一元化、災害弱者情報を共有 長野県社協「災害福祉カンタンマップ」開発

(毎日新聞:2020.11.05.)
昨年10月の台風19号の教訓を生かそうと、長野県社会福祉協議会は高齢者や障害者ら「災害弱者」の個人情報をオンラインで一元化し地図に落とし込んだシステム「災害福祉カンタンマップ」を開発した……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆山梨県:土砂災害警戒区域 防災対策を 太陽光発電の事業者に行政指導

(テレビ山梨:2020.11.06.)
土砂災害警戒区域に設置している事業者に対し、山梨県は防災対策などを講じるよう求めた。太陽光発電施設をめぐって、県はこれまで50kw以上の事業用の太陽光発電施設で、土砂災害警戒区域内に……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岡山市:炊き出し体験会で防災意識高める 岡山のコミュニティー食堂

(山陽新聞:2020.11.08.)
食事を楽しみながら幅広い世代が交流する岡山市北区岡輝地区のコミュニティー食堂「岡輝みんな食堂」は8日、災害に備えた炊き出し体験会を開いた。地域のつながりを深め、防災意識を高めていく狙い……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆佐賀市:避難所に個人用の衛生用品供給へ 佐賀市のNPO、1000人分備蓄目標

(佐賀新聞:2020.11.11.)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、災害支援に取り組む佐賀市のNPO「アジアパシフィックアライアンス(A-PAD)・ジャパン」は、マスクなど災害時に使う「衛生キット」の準備を進めている……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆大分市:日岡小児童が防災マップ作製 減災未来プロジェクト

(大分合同新聞:2020.11.11.)
大分市の日岡小5年生が11日、災害発生時の避難に役立つ防災マップ「減災みちしるべ」を作った。大分大減災・復興デザイン教育研究センターの小林祐司センター長(46)らと一緒に地域を歩き、どこに……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆北海道室蘭市:寺院、体育館 避難所に 室蘭市輪西地区で防災協定 コロナで増設急務

(北海道新聞:2020.11.17.)
室蘭市は19日、市内輪西地区の広徳寺など6寺院と日本製鉄室蘭製鉄所の体育館を一次避難所に指定し、関係機関と防災協定を結ぶ。災害時は地域住民らでつくる輪西地区連合自主防災会が、これらの施設で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岩手県北上市:災害時、障害者とその家族のために…“移動型”避難所が岩手で誕生 震災から10年目の歩み

(岩手めんこいテレビ:2020.11.15.)
このほど、岩手で誕生した移動型住宅コンテナ「レスキューブ」は、電力・水道・トイレなど全ての生活インフラを搭載。人工呼吸器を利用する患者らの避難生活を支えようと、医療用ガスを製造・販売する……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆仙台市:ブロック塀、ぐらっと来たら… 「防災さんぽ」で道路の危険チェック 仙台・若林

(河北新報:2020.11.20.)
ブロック塀や落ちそうな看板など、地震発生時に予想される道路の危険箇所を確認する「防災さんぽ」が仙台市若林区の南小泉、一本杉両地区であり、参加者が災害対応への心構えを新たにした。防災さんぽ……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県石巻市:「石巻震災伝承の会」公開勉強会 避難所の環境整備考える

(河北新報:2020.11.18.)
東日本大震災の伝承活動や防災学習に取り組む石巻市の市民団体「石巻震災伝承の会」は9日、公開勉強会「避難所の環境整備と感染症対策」を市ささえあいセンターで開いた。講話などを通し、これからの……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県大郷町:犠牲者ゼロ、水害の町の教訓は 吉田川決壊

(朝日新聞:2020.11.29.)
宮城県大郷町の中粕川地区は、昨年10月の台風19号による豪雨で近くを流れる吉田川の堤防が決壊したのに、1人の死傷者も出さなかった。この理由を探ろうと、KHB東日本放送と東北大学が共同で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆茨城県常総市:関東・東北豪雨で被害の常総市 「地区防災計画」作成 助け合い全員が安全に避難 /茨城

(毎日新聞:2020.11.18.)
関東・東北豪雨(2015年9月)の被害に遭った常総市で、地域で災害時の対応を決めておく「地区防災計画」の作成が進められている。住民が主役になり、地域の実情に応じた対策を立てるのが特徴で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆東京都:豊島区の「防災公園」12月12日に全面オープン 設備と機能を披露

(東京新聞:2020.11.25.)
豊島区最大の「としまみどりの防災公園」(愛称・IKE SUNPARK)が12月12日、同区東池袋に全面オープンする。平常時は人々に憩いの場を提供し、災害時は住民や帰宅困難者など9千人がとどまれる……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆東京都:感染症対策を取り入れ東京都独自の防災対策設問で知識の習得を図る「東京都防災模試」開始

(2020.11.20.)
東京都では新たな取組みとして、都民が気軽に参加でき防災知識を学べる「東京都防災模試」を11月22日より実施する。スマートフォンやタブレットから受験できる仕組みで、防災知識の確認ができるほか……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆愛横浜市:(保土ケ谷区)東部地区連合自治会 地域の繋がり 希薄化懸念 万全の感染症対策講じ事業再開

(タウンニュース:2020.11.26.)
コロナ禍が長期化する中、地域交流や高齢者の孤立など、地域のつながりが希薄にならないようにと、保土ケ谷東部地区連合自治会が11月21日、花見台の「かながわアートホール」で文化事業を開いた……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆長野県富士見町:防災無線受信機を希望の高齢者へ貸与

(長野日報:2020.11.14.)
富士見町は、防災行政無線を室内で受信できる機器を町内75歳以上の高齢者宅に無料貸与する準備を進めている。難聴地域に住む人や耳が遠く、風雨が強い時に聞き取りにくいといった不便を感じている……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆静岡県磐田市:災害避難所巡るトイレトラック 静岡県磐田市が導入

磐田市は防災用トイレトラックを導入した。災害時に避難所を巡回するなどして使用するほか、平時に防災訓練や屋外行事などの会場に設置して利用する。3トントラックを改造し、男性の大・小便用各1基……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆静岡県浜松市、湖西市:災害支援の自転車活用実験スタート

(静岡新聞:2020.11.26.)
浜松自転車協会や浜松、湖西両市などでつくる浜名湖サイクルツーリズム災害連携社会実験協議会は25日、災害時を想定して自転車で支援物資を運搬する実験を浜名湖周辺で始めた。初回は浜松市西区で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆高知県土佐清水市:災害記す石碑を3Dで保存 土佐清水市の児童らが技術学ぶ

(高知新聞:2020.11.18.)
石碑に刻まれた自然災害の記録などを、3Dデジタル技術を活用して保存する取り組みに触れる学習会がこのほど、高知県土佐清水市三崎の竜串ビジターセンター「うみのわ」周辺で開かれた。研究者らが……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆熊本県:川辺川にダム容認、熊本県知事が表明 白紙撤回から転換

(朝日新聞:2020.11.19.)
7月の記録的豪雨で氾濫した熊本県南部の球磨(くま)川の治水対策をめぐり、同県の蒲島郁夫知事は19日、最大支流である川辺川への治水専用ダム建設を認める考えを県議会全員協議会で表明した……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岩手県宮古市:宮古 津波防災見直し急ぐ 日本・千島海溝地震 最大29.7m想定

(河北新報:2020.12.05.)
内閣府が公表した日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震による浸水想定地域を受け、東日本大震災で被災した岩手県沿岸部では防災体制の見直しを急いでいる。今回の対象地域で最大となる29.7mの津波が予想……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岩手県大槌町:災害担当幹部を公募 防災レベル向上図る

(河北新報:2020.12.02.)
東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町は1日、町の防災と災害対応全般を担う幹部職員を任期付き採用で公募すると発表した。平野公三町長は主に民間出身者を念頭に「外部人材の知見を活用し……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆福島県郡山市:「田んぼダム」本格展開へ 逢瀬川沿いで実施

(福島民友:2020.12.09.)
郡山市は、昨年の東日本台風(台風19号)で氾濫した逢瀬川沿いで、日大工学部と連携し実証実験を行っている浸水被害軽減の取り組み「田んぼダム」を本格展開する方針を固めた。市議会の一般質問で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆埼玉県春日部市:全国的にも先駆的な取り組み 自主防災組織の避難所運営を実現する「防災モデル避難所運営に関する協定」を締結

(時事通信:2020.11.30.)
埼玉県春日部市は隣接する4つの自主防災組織と地区公民館で組織される『武里公隣防災対策連絡協議会』と「防災モデル避難所運営に関する協定」を締結した。地震、風水害その他の災害が発生するおそれ……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆神奈川県藤沢市:住民主体で避難所運営訓練 藤沢・辻堂 コロナ踏まえ、きめ細かく確認

(東京新聞:2020.11.29.)
新型コロナウイルス感染症が広がる中、藤沢市辻堂の市立高砂小学校で28日、地域住民でつくる辻堂地区防災協議会が感染症対策を取り入れた大規模災害時の避難所開設・運営訓練を行った。市職員も……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆静岡県:コロナ禍の防災模索 静岡県内で地域防災訓練、参加8割減

(静岡新聞:2020.12.07.)
静岡県が定める「地域防災の日」の6日、地域防災訓練が県内各地で行われた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、参加者は前年度比8割減の約15万8千人(県速報値)にとどまった。それでも、2千超……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆和歌山県海南市:災害時に社屋提供 海南市とサンコー協定

(わかやま新報:2020.12.01.)
生活用品の開発・製造・販売を行う㈱サンコー(和歌山県海南市)は、市と「災害支援等の協力に関する協定」締結。大規模災害の発生時には、同社が防災資機材の一時保管場所を提供するなど的確な……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県石巻市:石巻復興祈念公園、21年3月28日開園へ 震災被害や教訓、後世に

(毎日新聞:2020.12.14.)
国と宮城県、石巻市が整備を進めている「石巻南浜津波復興祈念公園」の開園が来年3月28日に決まった。岩手、宮城、福島の被災3県の復興祈念公園のうち、すべての施設が完成するのは初めて。県内各地……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆東京都多摩市:自主防災組織に電源支給 バッテリーなどの資機材

(タウンニュース:2020.12.17.)
多摩市は、市内の自主防災組織に対し、災害時などの停電対策として、発電機やバッテリーを支給する電源確保事業を実施する。同事業は、共助の担い手である自主防災組織に有事の際に地域の情報収集……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆熊本県人吉市:防災ラジオ、全戸配布へ 来年の梅雨時期に備え

(熊本日日新聞:2020.12.16.)
熊本県は15日、7月豪雨の復旧・復興本部会議を開き、球磨川流域で来年の梅雨時期に備える緊急治水対策を公表した。人吉市は避難情報を確実に伝えるため、全世帯に防災ラジオを配布する。防災ラジオは……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆神戸新聞:障害者向けに防災教室 クイズなどで心得を伝授 加古川(兵庫県防災士会)

(2020.11.14.)
障害がある人にも災害時に必要な対応を理解してもらおうと、NPO法人兵庫県防災士会東播エリアのメンバー8人が13日、同県加古川市加古川町大野の就労継続支援B型事業所「ひまわりの郷(さと)」で……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆KHB東日本放送:(仙台市)宮城野区福住町で町内会独自の防災訓練(防災士も指導)

(2020.11.08.)
宮城野区福住町で町内会独自の防災訓練が行われた。この訓練は町内会が毎年自主的に行っているもの。今年は感染症対策のため参加者はまず会場入り口で検温を行い、症状が無いことを確認できた人には……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆琉球新報:みんなで生きる力を備える「防災キャンプ」(主催者=防災士)

(2020.11.06.)
防災の日にあたる9月1日、大型で非常に強い台風9号が沖縄地方を直撃。最大で3万7千戸超が停電し、バスやモノレールなどの公共交通機関も終日運休。倒木や冠水で通行が規制されるなど、県民生活に……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆岐阜新聞:焼失した市街地、地割れした堤防 濃尾地震の惨状アーカイブ化(防災士も参加)

(2020.11.27.)
岐阜県内で約5千人が亡くなった1891年10月の濃尾地震の被災状況を克明に捉えた記録写真をアーカイブ化する取組みが始まる。地域の災害史を知って防災に役立ててもらおうと、県内の研究者や防災士ら……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆岩手日報:防災士 5年間で倍増 県内2633人、自治体が養成に力

(2020.11.26.)
災害時などに地域防災のリーダーとして活動する防災士の資格取得者が県内で増えている。東日本大震災の教訓や相次ぐ豪雨災害を踏まえ、10月末現在の県内取得者は2015年の2倍の2633人に上る……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆毎日新聞:お母さんたちにバーで防災講座 「いい育児の日」/山形(防災士が企画)

(2020.11.20.)
育児や仕事で忙しい女性に非日常を楽しんでもらう「いい育児の日」の19日、山形市内を一望できる霞城セントラル24階のバー「Ritz」で防災講座が開催された。女性たちはノンアルコールの美容カクテル……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆長野日報:自然の中で遊ぶブッシュクラフト(防災士が指導)

(2020.11.20.)
自分の体と最小限の道具を使い、自然の中にある物を最大限に活用して遊ぶ「ブッシュクラフト」。茅野市内でも教室や体験会が開かれ、親子らが自然に親しみながら火おこしなどを習得している。遊びの……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆NHKニュース:宮崎県防災士ネットに「功労賞」

(2020.11.17.)
宮崎県内の防災士の団体、宮崎県防災士ネットワーク。その活動の功績が認められ、「防災士功労賞」に選ばれた。17日、県庁で表彰式が行われ、日本防災士機構の高田恒理事長から宮崎県防災士ネット……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆中日新聞:万一に備え備品固定完了 防災士なかつがわ会、小中校など5年間で(*登録会員限定記事)

(2020.11.15.)
中津川市のNPO法人「防災士なかつがわ会」が、大地震に備えて市内の小中学校や市立の保育園などで進めてきたロッカーや本棚などの固定作業が完了した。災害弱者を優先して守ろうと2016年に児童館や……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆西日本新聞:天野さんに防災士功労賞 那珂川市郵便局長、福岡県初

(2020.12.06.)
福岡県那珂川市の南畑郵便局長の天野時生さん(56)が4日、日本防災士機構(国松孝次会長)から防災士功労賞を受けた。表彰制度が始まった2016年以降、県内で初めての受賞。天野さんは地元の公民館……

バックナンバー

2021年9月~10月分

2021年7月~8月分

2021年4月~6月分

2021年1月~3月分

2020年11月~12月分

2020年09月~10月分

2020年07月~08月分

2020年04月~06月分

2020年01月~03月分

2019年11月~12月分

2019年9月~10月分

2019年7月~8月分

2019年4月~6月分

2018年12月~2019年3月分

会報vol.56掲載分

会報vol.55掲載分