お問い合わせ



防災情報プラス バックナンバー
2021年7月~8月分

防災情報プラス バックナンバー 2021年7月~8月分 防災情報プラス バックナンバー 2021年7月~8月分

BOSAI PLUS の防災情報プラス

会報と連動して、直近の防災をめぐる“耳寄り情報”をダイジェスト版でお届け。
(情報提供:Bosai Plus 防災プラス)

2021年7月~8月分

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):新たな避難情報に関するポスターが14言語に

(2021.07.05.)
内閣府が2021年5月の災害対策基本法の改正を受けて作成・公表してきた「新たな避難情報に関するポスター・チラシ」について多言語(14言語)に対応するためのQRコード付きのものを作成。対応言語は……(避難情報に関するガイドラインの改定(2021年5月))
http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinanjouhou/r3_hinanjouhou_guideline/

【官庁情報】

◆内閣府(防災担当):「新型コロナウイルス感染症対策に配慮した避難所運営のポイント」動画(第2版)

(2021.07.02.)
内閣府と消防庁が「新型コロナウイルス感染症対策に配慮した避難所運営のポイント」動画(第2版)を公開した。第1版のスペースの確保、避難所全体のレイアウト・動線等の避難所運営のポイントを解説……(新型コロナウイルス感染症対策に配慮した避難所運営のポイント)
http://www.bousai.go.jp/coronam.html

【官庁情報】

◆国土交通省:災害時、踏切長期遮断防止へ

(朝日新聞:2021.07.01.)
地震などで遮断機が長時間下りたままになるのを防ごうと、国土交通省は30日、全国26都府県の181カ所の踏切を「災害時の管理方法を定めるべき踏切」に指定。鉄道事業者と自治体は、遮断状態を解消……

【官庁情報】

◆国土交通省」強大な台風発生のおそれ段階から、リスクコミュニケーションを展開~国土交通省の防災行動計画【第1版】作成~

(2021.06.29.)
災害対策基本法の改正を受けて、災害発生のおそれ段階から省を挙げたリスクコミュニケーションを展開するため、防災行動計画【第1版】を作成、一人でも多くの方が円滑に逃げられるような社会の実現を……

【官庁情報】

◆国土交通省:荒川下流域のデジタルツインで流域治水×SDGs を推進!~3D河川管内図を全国初公開、河川管理を DX!~

(2021.06.28.)
荒川下流河川事務所では、三次元データを活用した河川管理を導入中。荒川下流管内でバーチャル空間上にフィジカル空間の双子(デジタルツイン)を構築し、「Arakawa Digital Twin online」として公開……(Arakawa Digital Twin online:荒川3D洪⽔浸⽔想定区域図(下流域))
https://experience.arcgis.com/experience/a14b9a7cee8943889babc2096f5a5fe7/

【官庁情報】

◆気象庁:7月1日から3日の東海地方・関東地方南部を中心とした大雨

(2021.07.08.)
6月末から梅雨前線が北上し、西日本から東日本に停滞した。前線に向かって暖かく湿った空気が次々と流れ込み、大気の状態が非常に不安定となったため、東海地方から関東地方南部を中心に記録的な大雨……

【官庁情報】

◆気象庁:口永良部島の噴火警戒レベルを2へ引下げ

(2021.07.05.)
本日(5日)11時00分に口永良部島の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き下げた。引き続き、新岳火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒……

【官庁情報】

◆気象庁:世界の異常気象速報(臨時) 北半球の顕著な高温について

(2021.07.01.)
ヨーロッパ東部~ロシア西部、東シベリア、及びカナダ西部~米国北西部では、6月下旬から顕著な高温が続いている。カナダ西部のリットン(Lytton)では、6月29日に日最高気温49.6℃を記録して……

【官庁情報】

◆気象庁:沖縄に線状降水帯 全国初「顕著な大雨情報」

(朝日新聞:2021.06.30.)
梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、沖縄本島地方では29日、短時間で集中的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生。気象庁は線状降水帯の発生を伝える「顕著な大雨に関する情報」を……

【官庁情報】

◆気象庁:「台風の暴風域に入る確率」の発達する熱帯低気圧の段階からの提供開始について

(2021.06.29.)
2021年6月29日より、「台風の暴風域に入る確率」について、24時間以内に台風に発達すると見込まれる熱帯低気圧の段階から提供を開始した。気象庁HPのコンテンツ「台風情報」では今後、台風及び……

【官庁情報】

◆気象庁:ホームページへのウェブ広告掲載再開について

(2021.06.25.)
7月1日14時以降、順次、気象庁ホームページにウェブ広告掲載を再開する。再開にあたっては次のような改善を図る。気象庁が広く国民に避難等を呼び掛けている間は広告掲載を停止。広告バナー周辺に……

【官庁情報】

◆総務省消防庁:消防団 PRムービーコンテストの結果

(2021.06.30.)
住民に消防団をより身近なものとして知ってもらうため、各都道府県及び市町村から作品を募集し、消防団PRムービーコンテストを実施した。応募された47作品から最優秀賞、優秀賞を決定したので発表……

【官庁情報】

◆首相官邸:接種「来月4割完了」 緊急事態、6都府県に 宣言「最後となる覚悟で」 首相表明

(朝日新聞:2021.07.31.)
菅義偉首相は30日、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」を適用している埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県と大阪府に緊急事態宣言を出すことを正式決定した。期間は8月2日から31日まで……

【官庁情報】

◆気象庁:諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを2へ引下げ

(2021.07.29.)
本日(29日)11時00分に諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き下げた。引き続き、御岳(おたけ)火口から概ね1kmの範囲では警戒が必要。諏訪之瀬島の御岳(おたけ)火口では……

【官庁情報】

◆気象庁:台風8号、宮城県上陸=統計史上初、日本海側に横断へ―大雨暴風警戒

(時事通信:2021.07.28.)
台風8号は28日午前6時前、宮城県石巻市付近に上陸した。宮城、岩手両県付近では大雨になった所があり、沿岸部などで風が吹き荒れた。土砂災害や低地の浸水、河川の増水のほか、暴風、高波に警戒する……

【官庁情報】

◆気象庁:岩手と山梨で37.3度 猛暑続き、熱中症対策を―気象庁

(時事通信:2021.07.19.)
日本列島は19日、太平洋高気圧に覆われて大半の地域で晴れ、35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、岩手県奥州市と山梨県甲州市で37.3度、福島市と京都市で37.2度、栃木県佐野市と……

【官庁情報】

◆気象庁:気象庁ホームページ「知識・解説」の「数値予報」のページをリニューアル

(2021.07.19.)
7月8日に「数値予報」のページに、海洋に関する数値予報モデルや物質輸送モデルの種類をまとめたページを新たに掲載するなどのリニューアルを行った。また、昨年度開設された数値予報開発センターを……

【官庁情報】

◆国土地理院:災害から身を守る、先人からの「千の教え」~自然災害伝承碑の掲載数が1,000基に到達~

(2021.07.16.)
本日、自然災害伝承碑15基の追加公開により合計の掲載数が1000基に達した。令和元年6月に掲載を開始し、約2年での達成。自然災害伝承碑は、先人が経験した自然災害の被害状況や教訓等を今に伝えて……

【官庁情報】

◆経済産業省:発電コスト最安、原子力→太陽光 経産省試算

(朝日新聞:2021.07.13.)
経済産業省は12日、2030年時点の電源別の発電コストについて新たな試算を公表した。原発は安全対策費の増加などを受けて、15年の前回試算より上昇し、最も安い電源は太陽光発電となる。太陽光は……

【官庁情報】

◆首相官邸:朝日新聞:感染急増地域、入院は高リスク患者のみに 政府方針

(2021.08.02.)
政府は2日、新型コロナウイルスの感染者が急増する地域で入院できるのは、重症患者や重症化リスクの高い患者に限るよう都道府県に求める方針を決めた。今は入院と判断されている中等症と軽症の患者は……

【官庁情報】

◆復興庁:2021年度 復興庁こども霞が関見学デー<オンライン・事前申込制・参加費無料>

(2021.08.03.)
2021年度の復興庁「こども霞が関見学デー」はオンラインで開催し、三陸鉄道オンラインツアー等を通して、復興庁職員や三陸鉄道社員が東日本大震災の概要や防災・減災・復興について話す……

【官庁情報】

◆国土交通省:災害時に備えて、電動車の活用を!

(2021.08.04.)
多くの電動車は、外部給電機能を備えており、災害時に「移動式電源」として活用することができる。令和元年房総半島台風(第15号)による停電の際には、避難所等において電動車からの給電が行われ……

【官庁情報】

◆気象庁:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表

(2021.08.09.)
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第54回総会及び同パネル第1作業部会(WG1)会合が7月26日から8月6日、オンラインで開催され、IPCC第6次評価報告書(AR6)WG1報告書(自然科学的根拠)……

【官庁情報】

◆気象庁:浅間山の噴火警戒レベルを1へ引下げ

(2021.08.06.)
本日(6日)14時00分に浅間山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に。火口から500mを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなったが、突発的な火山灰噴出や火山ガス等に注意……

【官庁情報】

◆首相官邸:緊急事態宣言 政府、8道県追加 全国人口の75%に

(産経新聞:2021.08.25.)
政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を首相官邸で開き、コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域として北海道など8道県を、宣言に準じた「蔓延防止等重点措置」の対象に……

【官庁情報】

◆首相官邸:緊急事態宣言を13都府県に拡大、10県は「まん延防止」…人流抑制中心に対策強化

(読売新聞:2021.08.20.)
政府は20日、新型コロナウイルス対策として東京など6都府県に発令中の緊急事態宣言の対象地域に茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加する。宮城、岡山など10県には「まん延防止等……

【官庁情報】

◆復興庁:原発処理水、風評被害巡り対策

(朝日新聞:2021.08.24.)
復興庁は、東京電力福島第一原発の処理水を海洋に放出した際の風評被害対策について、情報発信のやり方をまとめた。流通業者による買いたたきの防止や、海外での輸入規制の緩和をめざす……(復興庁:原子力災害による風評被害を含む影響への対策タスクフォース)
https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-4/20210819155827.html

【官庁情報】

◆内国土交通省:空家法施行から6年、全国で空き家対策が進む ~空き家対策に取り組む市区町村の状況について(2021年3月31日時点調査)

(2021.08.25.)
空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)の施行状況等について、地方公共団体を対象にした調査の結果を公表。全国の市区町村のうち、空家等対策計画は1332 市区町村(77%)で策定され、法定……

【官庁情報】

◆国土交通省:橋梁等の2020年度点検結果をとりまとめ ~道路メンテナンス年報(2巡目の2年目)の公表~

(2021.08.25.)
2013年度の道路法改正等を受け、14年度より道路管理者は全ての橋梁、トンネル、道路附属物等について、5年に1度の点検が義務付けられている。18年度に1巡目点検が完了し、19年度から2巡目点検が……

【官庁情報】

◆気象庁:気象庁ホームページの閲覧に支障が生じたことの原因と対策

(2021.08.20.)
8月14日12時40分頃から同日23時30分頃にかけて、気象庁ホームページが閲覧しにくい状況となったことについて利用者にご迷惑をおかけしたことをお詫びする。このことについて、原因と対策をお知らせ……

【官庁情報】

◆総務省消防庁:高機能ドローン整備へ 土石流災害で防災力強化

(時事通信:2021.08.20.)
総務省消防庁は19日、静岡県熱海市で7月に発生した土石流災害を踏まえ、現場を空撮して地図画像を作成できる小型無人機「ハイスペックドローン」を新たに整備する方針を固めた。同市の現場では急斜面……

【官庁情報】

◆厚生労働省:介護施設に「防災リーダー」 入所者の安全確保へ

(時事通信:2021.08.19.)
厚生労働省は、災害発生時に介護施設入所者の安全を確保するため、「防災リーダー」となる職員の養成を後押ししている。都道府県などが介護職員向けの防災研修を開催する場合、関連経費を支援。適切な……

【官庁情報】

◆農林水産省:食料自給率37.17%、最低に 20年度、コメ消費減る

(朝日新聞:2021.08.26.)
農林水産省が25日に発表した2020年度の食料自給率は、カロリーベースで前年度より0.38ポイント低い37.17%で、比較できる1965年以降で最低だった。コメの消費が減り、飼料を輸入に依存する畜産物……

【官庁情報】

◆経済産業省:9月1日は防災の日!携帯発電機・カセットこんろ・モバイルバッテリーの使用に注意

(2021.08.26.)
9月1日は防災の日。台風等に伴う停電の際に役立つ携帯発電機やカセットこんろ、モバイルバッテリーなどの防災用品は、使い方を誤れば重大な事故に繋がる。この機に、改めて正しい使用方法の確認を……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岩手県釜石市:ぼうさいこくたい2021の出展公募を開始

(ぼうさいこくたい2021:2021.07.12.)
11月6日、7日に岩手県釜石市で開催される「ぼうさいこくたい2021」の出展公募が開始された。今大会は「つながりが創る復興と防災力」をテーマに、東日本大震災からの10年を振り返るとともに……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆仙台市:津波防災 最新の知見を共有 仙台で国際シンポ開幕

(河北新報:2021.07.02.)
第30回国際津波シンポジウムが1日、仙台市青葉区の東北大災害科学国際研究所で始まった。「東日本大震災から10年~経験と教訓を未来の世代につなぐ」をテーマに3日間の日程で津波防災の最新の知見……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県岩沼市:「土石流、人ごとでない」 岩沼市が防災訓練

(河北新報:2021.07.05.)
宮城県岩沼市は4日、大雨による水害が起きやすくなる「出水期」を迎え、洪水や土砂災害に備える総合防災訓練を市内の公共施設12カ所で実施した。市職員や防災士ら約220人が避難所開設の手順などを……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆神奈川県泰野市:末広小 ペッパーくんに防災学ぶ 「大雨被害」テーマに授業

(タウンニュース:2021.07.02.)
神奈川県泰野市末広小学校で6月28日と29日、人型ロボット「ペッパーくん」による防災授業が行われた。子どもたちはペッパーくんから大雨災害について学び、防災意識と日頃の準備の大切さを実感して……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆島名古屋市:南海トラフ地震臨時情報(巨大地震警戒)発表時に事前避難が必要な地域

(2021.07.02.)
南海トラフの想定震源域の西側でM8.0以上の最初の地震が発生、南海トラフ地震の発生可能性が平常時に比べ相対的に高まったと評価され、気象庁より「南海トラフ地震臨時情報(巨大地震警戒)」が発表……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆石川県:地震だ! 机の下に !! 石川県内各地で一斉防災訓練

(中日新聞:2021.07.08.)
地震発生に備えて身を守る行動を確認する県民一斉防災訓練「シェイクアウトいしかわ」が7日、県内各地であった。参加者は保育所や職場で机の下などに避難。1分間、「しゃがむ、隠れる、じっとする」……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆和歌山市:災害リアルに再現 和市がVR防災体験車導入

(わかやま新報:2021.07.06.)
和歌山市消防局は、バーチャル・リアリティー(VR)により火災・地震・津波の3種類の災害現場をリアルに疑似体験できる「VR防災体験車」を導入している。(株)賃貸住宅センター(美園町)の塚本治雄代表取締役が寄贈し、東京消防庁に次いで全国で2番目に配備された……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆愛媛県松山市:コロナ対応の避難所、定員減であふれる希望者 住民調査

(朝日新聞:2021.07.07.)
災害時、新型コロナウイルス対策で定員を減らした避難所にどれだけの住民が避難を希望するか。松山市内の自主防災組織が住民にアンケートをしたところ、定員を大幅に超える世帯が避難所への避難を希望……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆高知県香南市:「地震・風水害」両方の備えを 高知県香南市で防災のワークショップ

(テレビ高知:2021.07.12.)
風水害や南海トラフ地震への防災意識を高めてもらおうと、高知県香南市で10日、講演会が開かれた。8年前にもワークショップを開催、近年の風水害の多発や新型コロナによる避難への意識の変化を受け……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆長崎県佐世保市:させぼっくすが災害時拠点に 「防災道の駅」 長崎県内で唯一選定

(長崎新聞:2021.07.08.)
国土交通省は、長崎県佐世保市愛宕町の道の駅「させぼっくす99」を、広域的な防災拠点となる「防災道の駅」に県内で唯一選定した。最大5年間、施設機能の強化や防災訓練の実施など、防災拠点として……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆北海道:巨大地震 道が津波想定公表

(NHKニュース:2021.07.20.)
千島海溝沿いの巨大地震による津波について、道は新たな想定を公表した。釧路・根室地方では、高い所で20mを超える。海岸沿いでは地震の発生から数分後に浸水が始まる所もあるとして、速やかに避難……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆岩手県大槌町:大槌町東日本大震災津波犠牲職員状況調査報告書「大槌町役場職員」の刊行

(2021.07.21.)
東日本大震災津波の犠牲になった職員の発災当日の足取りを追った「大槌町東日本大震災津波犠牲職員状況調査報告書」を一般向けに編集した内容の「大槌町役場職員」を刊行した。今後大震災に見舞われた……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県石巻市:大川小、震災の教訓 遺構として一般公開開始

(朝日新聞:2021.07.19.)
東日本大震災の津波で児童と教職員の計84人が犠牲・行方不明となった旧大川小が震災遺構として整備され、18日に一般公開が始まった。津波で破壊された跡が残る校舎や展示施設「大川震災伝承館」で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆宮城県石巻市:県の学校防災アドバイザー派遣制度 大谷地小が活用、安全確立へ

(河北新報:2021.07.15.)
石巻市大谷地小(児童120人)に8日、東北大災害科学国際研究所の佐藤健教授が訪れ、津波警報や大雨警報が出た場合の避難場所や、登下校時に大地震が起きた時の安全確保の方法などを助言した……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆新潟県小千谷市:防災公園がオープン

(2021.07.16.)
小千谷市防災公園が元中子に完成し、オープニングセレモニーを行った。オープニングセレモニーではひばり認定こども園の園児や東小千谷地区の代表者などが参加し、テープカットや公園内の防災設備の……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆新潟県津南町:“世界中で防災意識を”津南町の高校生がインドの学生と交流

(テレビ新潟:2021.07.14.)
新潟県津南町の高校生がインドの学生とお互いの国の“防災への備え”について話し合った。この交流、世界中で防災意識を高めたい、生徒のそんな思いから実現。「Hello. Nice to meet you.」、英語で話す……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆210721_長野県茅野市:外国籍市民向けの防災情報を作成

(2021年7月21日)
長野県茅野市は13日、外国籍市民サポートグループ「ねこじゃらし茅野」と協働により、外国籍市民向けの防災情報を5か国語(やさしい日本語、英語、中国語、ポルトガル語、タガログ語)で作成したと……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆神奈川県小田原市:警報待たずに避難を 津波防災推進計画を策定

(タウンニュース:2021.07.17.)
小田原市が「津波防災地域づくり推進計画」を6月に策定した。東日本大震災を教訓に国が定めた「津波防災地域づくりに関する法律」に基づき、2019年に神奈川県から「津波災害警戒区域」指定を受けて……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆京都府福知山河川国道事務所:「由良川流域の安全安心を目指して」 由良川防災ステーションの開所式を開催

(2021.07.16.)
福知山河川国道事務所では由良川防災ステーションの基盤整備を実施してきた。福知山市戸田地区に福知山河川国道事務所が整備した「由良川防災ステーション」と福知山市が整備した「水防センター」が……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆徳島県三好市:「あの時逃げていれば」 後悔の前に今できること-水害を知るマイ・タイムライン-【動画】

(徳島新聞:2021.07.15.)
近年、大規模な自然災害が各地で起きている。2018年西日本豪雨では、広島や岡山、愛媛など14府県で300人以上が犠牲になった。徳島県では人的被害はなかったものの、三好市で家屋の浸水や土砂崩れ……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆佐賀県:活断層上のアリーナに防災事業債50億円 国知らず同意

(朝日新聞:2021.07.20.)
佐賀県が建設中の大型公共施設「SAGAアリーナ」(佐賀市)について、防災や減災のために使うと決められた地方債約50億円を建設費に充てることがわかった。アリーナは、活断層のほぼ真上に位置……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆北海道:道が新しい防災情報システム 新避難情報

(朝日新聞:2021.07.31.)
住民や市町村に気象情報を知らせる道の「防災情報システム」が今月、リニューアルした。5月の法改正で新しくなった避難情報の表現に改め14カ国語で配信する。防災情報システムは道と市町村をネット……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆福島県須賀川市:楽しみながら学ぶ防災意識を高めるイベント 災害を振り返る企画展も開催中

(福島テレビ:2021.08.01.)
子どもたちの防災の意識を高めようと須賀川市でイベントが開かれた。このイベントは台風による水害などが頻繁に発生する中で、防災への意識を高めてもらおうと須賀川消防署などが開いた。子どもたちは……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆東京都:東京都デジタルツイン3Dビューアと情報発信サイトを開設

(2021.07.29.)
「『未来の東京』戦略」においてデジタルツインの実現を掲げ、今年度は「デジタルツイン実現プロジェクト」として、センサー等によるデータを活用した実証や有識者会議を実施中。デジタルツイン実現に……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆長野市:台風接近、2年前の教訓忘れるな 長野で防災キャンプ

(朝日新聞:2021.08.10.)
台風シーズンを前に、一昨年の東日本台風で被災した長野市内の2地区で、教訓を共有したり、避難所以外での避難生活を体験したりする催しがあった。千曲川の決壊により被災した長沼地区の妙笑寺では……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆長野県安曇野市:豊科南穂高4区 災害時に連携 自主防災会 体制構築へ情報交換

(市民タイムス:2021.08.04.)
安曇野市豊科南穂高の4区(寺所、踏入、細萱、重柳)が、災害発生時に連携する体制作りに取り組み始めた。区ごとの自主防災組織がつながることで、地域全体の防災力向上を図る。このほど細萱公民館で……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆神戸市:「土砂災害わが家の避難マップ」をつくろう

(2021.07.29.)
2018年7月の豪雨災害では、長期間にわたり雨が降り続き、本市においても各地で土砂崩れをはじめとした災害が発生するなど、近年、激化する気象災害への一層の注意が必要。土砂災害に関する詳しい情報……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆静岡県掛川市:避難所開設の力に 中高生が連携

(静岡放送:2021.08.24.)
掛川市で高校生と中学生がタッグを組み避難所の立ち上げ訓練を実施。高齢化が進む地域で中高生は外すことができない防災の担い手。地域伝統の祭りばやしの伝承など地元との連携に熱心な県立横須賀高校……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆大阪府豊中市:デジタルハザードマップを公開

(2021.08.20.)
豊中市は、都市計画図などを閲覧できるWEBサイト「地図情報とよなか」に、「浸水想定区域図」や「土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域」等の情報を追加する。ハザードマップ掲載の情報を一元化……

【地域防災/地区防災計画に関連する主な動向】

◆高知県南国市:南国市と市社協が災害ボランティアセンター協定

(高知新聞:2021.08.17.)
高知県南国市と同市社会福祉協議会は16日、地震や洪水などの大規模災害発生時に立ち上げるボランティアセンター(VC)の運営などに関する協定を結んだ。迅速なボランティア活動の展開へ、設置場所……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆新潟日報:親子で防災 新潟地震の記憶つなぐ 新潟市西区で教室

(2021.07.05.)
親子で体験を交えて防災を学ぶ「にいがたおやこ防災減災塾」が4日、新潟市西区の坂井輪地区公民館で開かれた。参加者は避難所の設営や映像などを通じ、非常時への意識を高めた。日本防災士会県支部が……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆テレビ新広島:「災害から命を守りたい」被災者5人が”防災士”の資格取得 坂町・小屋浦地区

(2021.07.05.)
西日本豪雨で甚大な被害を受けた坂町小屋浦地区では、防災士になった住民が災害の記憶を風化させないために防災を広める活動に取り組んでいる。街一体が土砂で茶色く覆われ、上流部では砂防ダムが決壊……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆女性セブン:水害で車が水没したら… 逃げる目安は「タイヤが半分水に浸かる前」 日本防災士会常務理事の甘中繁雄さん

(2021.07.30.)
台風が多いこの季節。思いも寄らない水害に遭う可能性もある。避難指示が出されていなくても、自宅に水が入ってきたら、すぐに避難をするのが基本だ。日本防災士会常務理事の甘中繁雄さんはこう話す……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆ENCOUNT:テレ朝・下村彩里アナ、防災士の資格取得 認証状公開に「何でも出来て凄い!」「流石です」

(2021.07.15.)
テレビ朝日の下村彩里アナウンサーが16日、自身のインスタグラムを更新。防災士の資格を取得したことを明かし、反響を呼んでいる。「#防災士 の資格を取りました」と報告し、2枚の写真を投稿した……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆十勝毎日新聞:地域の防災力向上へ、スキルアップ研修会 幕別

(2021.08.10.)
「防災まくべつスキルアップ研修会」(町主催)が7月27日、札内コミュニティプラザで開かれた。町内在住の防災士や道地域防災マスターとの連携強化を図り、地域防災力の底上げにつなげようと初めて……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆河北新報:仙台の小6、東北最年少防災士に 「被災者のために活動したい」

(2021.08.05.)
仙台市片平丁小6年の小田嶋壱郎君(11)=仙台市青葉区=が、NPO法人日本防災士機構が認定する防災士の資格試験に合格した。機構によると東北で最年少という。先輩防災士の母親に憧れる東北初の……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆日刊スポーツ:紗栄子、防災士の資格取得 珍しい本名も公開「道休(どうきゅう)紗栄子」

(2021.08.05.)
タレントの紗栄子(34)が、防災士の資格を取得し、珍しい本名が記載された防災士証を公開した。栃木県で牧場を運営する紗栄子は5日、インスタグラムのストーリーズを更新し、日本防災士機構が発行……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆神戸新聞:自宅からの避難地図作ろう 神戸市、説明会の受講団体を募集(防災士による説明会)

(2021.08.03.)
神戸市は、自宅から避難先までの経路を記した「マイ避難マップ」作りを進めてもらおうと、防災士による説明会「みんなで学ぶ『土砂災害・洪水からの避難』」を開催している。自治会やPTA、地域の……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆佐賀新聞:佐賀県防災士会が活動状況報告 佐賀県知事と懇談 防災意識高まり会員増

(2021.08.02.)
佐賀県防災士会の益田義人代表ら関係者が7月28日、佐賀県庁を訪れて山口祥義知事と懇談した。近年、会員数が増加傾向にある現状などを報告。同会は、災害時の支援活動や防災の啓発活動に取り組んで……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆タウンニュース:防災士・時東さん語る 神奈川・中井町で講演会

(2021.08.20.)
(神奈川県)中井町農村環境改善センター多目的ホールで、男女共同参画推進講演会が9月28日に開催される。14年にわたって防災士としても活躍しているタレントの時東ぁみさんを講師に招く。「女だから……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆広島ニュース:「心の中ではまだ7年」消えない記憶から防災士になった男性 広島・安佐南区から中継

(2021.08.20.)
7年前の土砂災害を経験し強い思いを持って活動している人がいる。災害による悲しい思いを2度と繰り返してはいけないと、住民の命を守る行動に全力を注ぐ防災士になった松井憲さんに話を聞く……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆中国放送:祖母が犠牲 防災士を目指す学生 広島土砂災害から7年

(2021.08.20.)
広島土砂災害から7年。この災害で、祖母を亡くした大学生がいる。同じ思いを誰にもさせない…。そう決意して大学に進み、防災を学んでいる。愛媛大学の学生・沢本陽奈さんだ。広島市安佐南区緑井……

【報道に見る防災士の主な動向】

◆宮崎日日新聞:災害備え要支援者名簿作成 日南・稲山さん

(2021.08.19.)
日南市板敷の防災士稲山富保さん(72)は、台風や大雨などの災害時に地区民の安否確認や避難誘導に役立てるため、要支援者名簿を作成して運用している。昨年の台風襲来時には名簿の連絡網を利用した……

バックナンバー

2021年9月~10月分

2021年7月~8月分

2021年4月~6月分

2021年1月~3月分

2020年11月~12月分

2020年09月~10月分

2020年07月~08月分

2020年04月~06月分

2020年01月~03月分

2019年11月~12月分

2019年9月~10月分

2019年7月~8月分

2019年4月~6月分

2018年12月~2019年3月分

会報vol.56掲載分

会報vol.55掲載分