お問い合わせ



2023/01/18

2/2~3開催 第27回震災対策技術展、自然災害対策技術展
第14回振動技術展

1月17日(月)午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災から28年。建物の倒壊や火災等が相次ぎ、災害関連死も含めて、6,434名の方が犠牲となりました。同地震以降、災害への対応が強化されましたが本年は、関東大震災から100年を迎え、過去の巨大地震や災害を教訓に、「首都圏」から地震・自然災害対策を推進していく年となります。近年は、南海トラフ地震に加え首都直下地震、日本海溝・千島海溝 地震、富士山等の火山の噴火、そして毎年のように甚大化する台風・豪雨災害等、大きな災害の発生が懸念されています。

2月横浜会場では、免震装置や安否確認システム、止水板、ポータブル電源など最新の災害対策製品に加え、ポータブル電源、多彩な非常食、普段から使用できる防災グッズ、等、懸念されている急な地震自然災害にも対応できる製品を出品する約150社・団体の出展を予定しております。

また神奈川県や東京都の各自治体が作成するハザードマップを一堂に集め、回収できるハザードマップ配布コーナーも昨年度に引き続き実施。80を超える自治体の提供協力により、次なる台風や豪雨への被害軽減にご使用ください。
横浜会場の来場申し込みを受付中。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

※本展示商談会は、事前登録制です。
 お一人様ずつの事前登録制が必要です。
URL : https://clk.nxlk.jp/m/PYpovlxID

・出展者情報は下記よりご確認ください。 随時出展者更新されます。
URL : https://clk.nxlk.jp/m/eG8DkMsDD

会  期:2023年2月2日(木)~3日(金)
時  間:10:00~17:00
会  場:パシフィコ横浜 Dホール
    ※みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩5分

同時開催:第3回「防災食品展」
災害時の食の備えを一層充実させるべく、第3回「防災食品展」も開催。災害時に嬉しい甘い「ようかん」、「お肉の防災食」、普段の食事に活用し災害時にも活用できる「豆腐」や「お惣菜」等、味もテクノロジーも進化著しい防災食を約20社・団体の企業が出展。災害時にも安心できる防災食をぜひ、会場内で手に取ってご試食し、普段から備えていただく機会としてご利用ください。